Vintage_guitar&bass

Gibson 1971 Les Paul Deluxe Gold Top

今回はGibson 1971 Les Paul Deluxe Gold Topのご紹介。

レスポール氏とのエンドースが終了した後、再契約し68年にリイシューとして発売されたモデルが56年頃のスタイルでした。

( クラウンインレイの67年の物も何本か存在します )

その後、ヘッドが大きくなったりといくつもの仕様変更が行われ70年にミニハムバッカー搭載のデラックスとなります。

P-90搭載のデラックスもあり、過渡期、仕様変更がめまぐるしく変わる為です。

そのせいもあり、シリアルナンバーのみで年式を判断できません。

前回、蘊蓄たれ過ぎたので今回は多くを語りません。

『 i 』のドットが復活し字体変更になったGibsonロゴ。

以上

その他の仕様については詳細画像からご確認下さい。

70年前後、当時50年代のサンバーストレスポールが再評価され同じスタイルのモデルを切望されていましたが、Gibson社がリイシューとして再生産として世に出された物はミニサイズのハムバッカーでした。

71年からはチェリーサンバーストカラーが、72年からはフルサイズハムバッカーがオプションとして追加されますが、トップのメイプル材はセンターブックマッチではなく3ピースとなりました。

近い様で遠いですな。

その事から50年代のゴールドトップをリフィニッシュし、フルサイズの物に乗せ変えたコンバージョンスタイルの物も増えた原因の1つです。

スコットゴーハムが使用していたコンバージョンはほぼセンターマッチの物でしたね。

さて、このデラックスですが、ミニハムバッカー仕様になった最初期の物で、その時の物にはGibson刻印がピックアップカバーに入ります。

過渡期になるのでそれ以前の物にはロッドカバーにDeluxeと表記されたP-90搭載の物もあります。

ミニハムバッカーの評価が著しくないイメージをお持ちかもしれませんが、それにはフルサイズでは出ない艶っぽさと50年代の音を彷彿させてくれる確かな物があります。

私のイメージでは同時期のフルサイズの物よりミニサイズの方が、レスポールとしてのサウンドをより感じます。

68年のリイシューから仕様が変わり市場での人気は下がりますが、楽器としては正しい変更だと思っております。

ネックが3ピースになった事で強度が増しますし、ヘッドが大きくなった事で音がタイトになります。

このデラックスは正直、自己所有したい気持ちになりますな。

あぁ〜…物欲を抑える方法を教えて下さい。

買取強化継続中です。

詳しくはこちらを。

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です