Vintage_guitar&bass

Fender 1961 Precision Bass "SLAB" Board入荷

雨と共に南から暖かい空気が流れ込んで来ておりますな。

雨が上がると又寒くなるらしいです。

またかよ…

今回は61年製、Precision Bassのご紹介です。

塗装の光沢が残っており奇麗なコンディションです。


コントロールノブが変わっていますがそれ以外はほぼオリジナルです。

それにしても奇麗ですな。

スラブ期でここまでのコンディションの物に出会うのは10年以上振りかも。

ほとんど弾かれた形跡がないのでベースとしてどうなのやら?と 、特別な期待を持たずに弾いてみました。

ネックを持った瞬間「おっ!?」となり、期待度が上がった所でE弦をボーンと。

「何じゃこりゃーっ!?」って言ってまいそうな位ネック、ボディ共に強烈な振動。

暴れる暴れる!! 暴れまくる!!

本当に、何じゃこれは?という驚きです。

すかさずベースアンプでサウンドチェック。

芯が太い!!

ローミッド付近が引き締まってる!!

サスティーンが長い!!

音抜けが半端なく奇麗!!

はい、脱帽です…

現役を退いたスポーツマンが久しぶりにやったけど、その時以上の好成績を残しました的な印象です。

持って生まれたセンス、ポテンシャルの高さが尋常ではないんでしょうな。

このPBの良さ、弾いたこの思いを文章にして伝えるのが本当に難しい…

だもんで回りくどい言い方はやめます。

このPB、ものごっつええ〜です!!!!

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です