Other

Historic Makeovers

本日はHistoric Makeoversと言うギターを紹介します。

このギターを日本で知っている方はまずいらっしゃいませんので、
このBlogが最初の情報になると思います。
それは何かと申しますと、皆様ご存じのGibson社製のHistoricシリーズを改造したギターでございます。
簡単に改造と言いましたが、その作業のこだわりとクオリティが尋常ではありません!!
ゼロから作った方が数倍楽だと思います。
はっきり言います!!
ヒストリックとは全く別次元のギターです。
できたてのレスポールなのに『イケナイ』オーラが出てしまってる一品です。
誰がそんな事をしているかと言いますと、Kim LaFleur氏とDave Johnson氏が2人が始めたHistoric Makeoversというプロダクトチームです。
現在Dave Johnson氏は独立されてるようですが、
まぁ今回のブログには関係ないので続けます。
http://www.historicmakeovers.com/
施された仕事の内容を先ず箇条書きにすると。
・オールリフィニッシュ
・リアルエイジド加工
・ボディトップの削り直し
・ネックの削り直し
・指板をハカランダに貼り替え
・ポジションマークインレイにヴィンテージ物を象嵌
・トラスロッドをバーストと同じ太さの物と交換
・全パーツのグレードアップ
・ブリッジ位置の修正
・シリアルナンバーのスタンプの修正
・ギブソンのロゴ位置の修正
・・別途注文でネックのリセット
大変な作業ですね。
ですが、その作業に見合うだけのルックスと、それに伴う音のレベルアップが著しいです。
目隠しで本物のバーストと弾き比べると…流石に分かりますが、
P.A.F.を載せてしまうと分からなくなってしまうでしょう。
いくら文章にしてもこの音とオーラは伝わりませんので、
全国のレスポールファンの皆様!!
現在当店に2本在庫しております(そのうち1本は最初に作られたNo1)。
しっかり弾き比べて下さいね!
 
弾かなきゃ良かったと思って下さいね〜!
作業の詳細は近日また、このBlogでアップします。
takao

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です