Vintage_guitar&bass

紛れ込んだハカランダさん

前回のブログで書いた、60年代後期のGibsonメイドのハカランダ材を使用したギターが新たに2本入荷しました


Gibson 1967 J-45ADJ Cherry Red
ハカランダ材が使用してある事よりカラーの方がレアです
67〜69年のわずかな期間のみ採用されたカラーです
他にもエボニー(ブラックカラー)もありますね
退色してますがピックガードの下には鮮やかなチェリーレッドカラーが残っています
Epiphone 1967 E230TDC Cherry
こちらもGibsonメイドであってハカランダ材が指板に使用してあります
Bigsbyユニットとメタルカバーの金属パーツと、鮮やかなチェリーカラーが相まっためちゃくちゃカッコいいルックスです
インディアンローズが主流のこの時期にハカランダ材が使用してある個体は希少ですしお得感がありますね
nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です