Repair

Reverb Unit

2月ももうすぐ終わりますね
平年よりやや暖かい気温と、今日のような天気は気持ち良いですね
本日はリバーブユニットの交換について簡単に書いてみます


リバーブが効かないというFender Deluxe Reverb Amp
原因を1つずつ探っていく内に、「あっ」と思いリバーブユニットを引きずり出してみると、上の写真の様にスプリングがはずれてました
運が良い時はもう1度差し込んでしまえばそれで終わるんですが、下の写真の様に線の様なめちゃくちゃ細い部分で繋がっている(差し込む)んで、もう片方の様に折れてしまえばもうお手上げ


何度見ても原始的な構造やなと思います
修理する事は不可能ではありませんが費用的には交換した方が安く上がります
同じaccutronics製、Deluxe Reverb用の互換性のあるリバーブユニットを取り寄せて交換です


赤と白のINとOUTに差し込んで機能するかを確認し、ケースに入れて底面にネジで固定

バックパネルを閉めてギターをつないで出音とリバーブ効果の確認

先述した通り原始的な構造で強度のキョの字もないんで、運搬時はなるだけ振動をあたえない様に慎重に運びましょう
nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です