Diary

Historic Makeovers Les Paul

雨が降る度に気温が下がるという事で、今週末はかなり冷え込むみたいです

皆様、暖をとってお体にお気をつけて下さい

今回は私が大阪にいない間に、ネットに上がる事もなく嫁いでいったメイクオーバーを紹介させてもらいます



さすがメイクオーバー、オーラと迫力が違います

元ヒストリックシリーズというのが嘘のようなルックスに変身してます

Real Deal Series(RDS)というモディファイのみ施されており、パーツはヒストリックシーズの物を流用したままです

2010年製なのでバーストバッカーですが、「え?P.A.F.…?」と聞き間違える音色です

もう嫌になるくらいええ音です

トップの杢目がとても良い表情で、オリジナル同様のトップカーブになってるんで色気がプンプンです

指板はハカランダーさんです

濃いです…濃すぎます…

これも2010年製なんで、マホ材はホンジュラス産です

ボディ全体の塗装にはウェザーチェックがビッシリ

液体窒素を使って発生させるんで、カミソリで再現するエイジド加工とは違いとても自然です

ピックガードを外すとお決まりの細かい芸

いちいち細かい

他にもロゴやシルクスクリーン、シリアルスタンプ等、細かすぎます

細かすぎて本物持ってない人には伝わらない芸を一気にどうぞ

今年の1月2日からのワシントン条約のせいで完全に輸入できなくなって、もう頭痛いですわ…

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です