Vintage_guitar&bass

Telecasterのピンホール

ご無沙汰してます

書くネタが無い訳ではないけど、情報的にはおもしろいのか?なんで、無いに等しいのでなかなか書けてません

今回の記事は、ようやく書くに値するネタが出て来たんで書いてみます

ヴィンテージのFenderギター各モデルの制作時にあけられる、ピンホール(ネイルホールやジグ跡とも言う)とよばれる穴の位置について書いてみます



現在在庫しているFender 1959 Telecaster Modified

既に気づいておられる方はボディデータを確認していただいてると思います

が、上のリンクを見る前に一度読んで下さい

Telyはボディデータのハンドデイトされる箇所がブリッジピックアップキャビティです

しかし、このギターには高さ調整用か何かでスポンジらしき物が詰められた上に、シールの様な物で接着してありました

これでは59年のボディという証明ができません…

という事で、ピンホールの位置で確認してみようと分解してチェックです

Broadcasterに初まり、1958年までは下の画像の位置にその穴が確認できます

とはいえ、人の仕事ですし制作者が1人ではないんで必ずしも同じ位置ではありません

この画像は有名なヴィンテージフェンダーを解説するページの物を拝借させてもらいました

では、過去に取り扱った50年代のTelyの画像を引っ張り出して来て確認してみましょう

この記事の為に写真を撮っていなかったので、全てお見せできませんがご理解下さい

まずは56年

見えているネックポケット横、カッタウェイ、コントロールの部分は一致します

次にブリッジプレートの下です

すいません…塗装のせいで見切れてます…

見えにくいんですが6-56のハンドデイトが確認できます

次に58年

この個体は59年同様にフランケンです

ブラックガードの53年頃を目標にパーツ類を交換した個体です

この個体はネックポケット横、コントロールプレート下に確認できますが、カッタウェイの所にはありません

ブリッジプレートの所も見切れてますが、ハンドデイトは5-58でネックと同じです

殴り書きなのか?アメリカンな大雑把なのか?木材のでこぼこの為か?

正確な数字記入ではありませんね

59年に行く前に61年のボディを見てみましょう

このTelyはフランケンでボディは61年、ネックが57年です

あ、販売の物ではなく、今回の記事用にお借りした物です

ネックハンガーに切り替わる62年途中までは類似した位置にピンホールがあけられるので、比較用にさせていただきました

ピンホールはネックポケットとネックピックアップキャビティの間、ブリッジピックアップキャビティ、コントロールキャビティの内側側面にあります

この位置は59年を迎える前に変わるんですが、徐々に場所が微妙に変わっていきます

下の画像は、ピンホールの位置を示した画像、さっき拝借させてもらったサイトに掲載してある62年の物です

61年のボディという事をハンドデイトの前にパーツ類でも見てみましょう

プレートのシリアルは61年の物、ポットはCTS製の60年47週目です

61年前期の個体であれば上記のポットデイトが使われるのは制作時の誤差ですので正しいと思います

次に59年を見てみましょう

先に載せた画像でチラっと見えてますが、スポンジを除去する前はこんな感じでした

ピンホールは何かが詰まっていて潰れてます

キャビティを形成する前に仮穴をあける際のボアビットの跡が、ピンホールとは別の○で囲んだ位置に残るのは58年同様、くっきりハッキリ残ります

他店様の掲載してある画像と比較してもらえればご確認いただけると思います

これだけでは正確に59年と分からず困っていた所、SLIP!!ギターを制作してもらっている氏に写真を貼付してこれ取れます?と連絡してみました

「これ、完全に取りきってデイト確認できますかね?」と送ると、数分後、『できます』と一言

それ見て「できるんかいっ!?」と普通に声が出ました

持ち帰ってもらった翌日、完全に除去した写真が送ってこられました

結果、59年3月のボディでした

加工跡とピンホールだけで59年は間違いないんやけど確証は持てなかったんで、鑑定眼は間違ってなかったと一安心

あ、これ、書き足してませんよ

木部に鉛筆書きするんで、塗装が剥がれてもしっかりと残るんです

この数字の書き方、先程の56年と58年、その他の確認できる画像と比較して頂ければお分かりいただけると思います

先程ふれなかった61年のボディのハンドデイトですが、ここで再検証してみましょう

見る限り数字は見えません…

ライトやブラックライトを当てても目視で確認できません…

確認できない所か、光の反射を見過ぎて視力がおかしな事に…

写真に撮った物をノートパソコンで角度を変えながら、ディスプレイの見え方をあれやこれや

ん?

あぁ〜なるほどぉ〜

デイトの数字の向きが逆なんです

59年とは反対向きに書かれていて、いくら見ても謎解きが迷宮入りしてました

角度を変えて見えた字体をなぞってみると

となる訳です

更に3の書き方が59年と類似した字体です

長くなりましたが、当店のTelyは59年の個体を元にしたフランケンです

その他詳細は下記リンクでご確認下さい

Fender 1959 Telecaster Modified

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です