Repair

梅雨の宿命

投稿日:

ギターやベースはふくらみます


季節柄、湿度が高くなると杢部がそれを吸って膨らんでしまいます
強度の強い木材で作られたギターやベースやとしても、特に指板は杢肌むき出しですので、これは避けて通れない宿命です
昨日の記事に書いたFirebird V
弾き比べに来てもらった時の為に確認です
ネックの状態やオクターブピッチを、膨らんでズレてないか細かく調べ直しました
一応ものさしでも計測しましたがほとんどズレはなく、5、6弦のサドルを少しだけ調整し直した
台風上陸という事で、更に湿った空気が流れ込んできているのでデリケートになってしまいますね
過去にも、ものさしを使った記事を書いたので参考にして下さい
ベース編
ものさしでピッチ調整1
ものさしでピッチ調整2
Gibsonスケール編
Gibsonスケール編で終着したブリッジサドルですが、フレットの擦り合わせも完了し、正常なサドルの位置に戻りました
報告までに



nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です