Repair

ものさしでピッチ調整

オクターブ調整、ピッチ調整は耳とチューナーで行なってきましたが、ある方法を教えて頂きました

ものさし(正確には定規)と目視だけで正確かつパーフェクトに合わせる事ができます

では実際にやってみましょう

今回はPrecision Bassで行なってみます

まずは1mの定規を用意します

お持ちではない方は買いに行きましょう

monosashi_1

凄い絵やなぁ…

ナットから12フレットを測ると430mmです

中心を間違えたややこしい写真ですいません…

monosashi_2

今度は12フレットエンドから1弦のブリッジを測ります

ここも同じく430mm

サドルに弦が乗っかっている所が430mmから1〜1.5mm後ろであればOK

monosashi_3

このベースは既に合わせてあります

1弦のサドルを430mmから後ろに合わせ、2弦をほぼ同じ位置に

3弦はサドル半個分下に、4弦もほぼ同じ位置に

後は微調整が必要になりますが、これでオクターブを確認すると合ってるんです

monosashi_4

この方法を本日入荷したベースにインストールしてみます

最初はこんな感じでした

monosashi_5

4弦のサドルの上に巻き巻きになった部分が乗っかってしまってます

これではハイが抜けないもっちゃりとした音です

インストール後はこうです

monosashi_6

巻き巻きから脱出して抜けの良い音になりました

ピッチ、オクターブもバッチリです

皆さんもお試し下さい

明日はJazz Bassにインストールしてみようと思います

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です