Diary

湿度が高い時期はネックがお辞儀したがる

投稿日:

本日、日本の広範囲で梅雨入りが発表されましたね
湿度の高くなるこれからの時期、大事なギターやベースをどう保管するか?
皆様、独自に保管される方法をお持ちと思います。
教えてもらった情報やご自身で調べられた、過去の経験等、様々と思います
今回は保管について軽く書かせてもらいます

GUITAR TRIBEでは、ご購入いただいたお客様から「どう保管するべきか?」と聞かれた際にこうお答えしております
『できる限り、ご自身が過ごされる快適な環境に置いて下さい』
木材加工で作られた楽器ですが、杢は生きてるんです
杢が死ぬ時は炭が焼けた灰です
『暑いと思えばギターも暑いと感じているし、その逆もです』
杢は生きてますんで人間と同じです
とはいえ、外出して誰もいない部屋では温度調節や湿度管理が難しいので
『スタンドに立てかけたりケースに入れておくよりはギターハンガーの首つり状態にすれば、ギター全体が緊張した状態でネックに不可がかかりません』
ギタースタンドでもフックに吊った状態にできる物もあります
『あとは毎日弾いてあげる事です』
『毎日弾いていれば何か異変があった時にすぐ分かります』
ずっとケースの中に入れていると、久しぶりに出した時何かしら異変が起こってる事があります
『GUITAR TRIBE(大阪店、福岡店)で買っていただいたギターやベースはメンテナンスはタダなんで、ネックやピッチ調整は無料でやらせていただきます』
という感じです
GUITAR TRIBEでご購入いただいたギターやベース等、メンテナンスフリーなので、お持ちいただければ診断させていただいて、その場で調整いたします
梅雨の時期はネックが起きやすい(順反り)ので、是非、診断させて下さい
私も自宅ではチューニングを落とさずギターハンガーで吊った状態にしています
持ち物件ではないマンションなので、ホームセンター等に売ってる突っ張りネットにフック型のギターハンガーを引っ掛けてます
そのネットに湿度計をつけて、雨期は除湿器を、冬期の乾燥する時期は気化式加湿器を運転させて湿度50〜60%を保つ様にしてます
数本ありますが、まんべんなく弾く様にして異変がないかの確認もしてます
追記として、湿度管理をしても今日はネックがほんの少しだけ反ってました
毎日触って弾いて下さい
梅雨の湿度の多い時期、微妙に変化が起こります
参考にしていただければと思います
皆様の愛機、診察して調整したいです〜
nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です