Vintage_guitar&bass

もしもし、お世話になってますメリー・フォードです。実は夫が…

先日、ブログに書いて欲しいと6つのお題をもらいました

前回の記事はそのお題の1つです

今回もそのお題の中から書いてみます

SGは実はLes Paul 



毎回言わせてもらってるんですが、知ってる人からすれば何て事ない内容ですが、知らない人の為に書かせてもらいます

Les Paulさんのモデルとして1952年にデビューしたエレクトリックソリッドギター

何回かのマイナーチェンジを繰り返して仕様を変え、1958年にいわゆるバーストとよばれる歴史的名器が誕生し、約3年弱続きます

サンバーストレスポールはLes Paulさんのモデルでありますが、当時のカタログには【Les Paul Standard】と表記されます

今となっては名器としてギターの頂点にいるバーストですが、当時は人気がなく売上不振でGibson社はSGシェイプのギターに形を変えました

1961〜1962年のSGシェイプのレスポールモデルのトラスロッドカバーにはLes Paulという文字が入っています

つまり、形はSGシェイプですがLes Paulさんのモデルであり、Les Paul Modelだという事です

1961〜1962年のカタログにもSGシェイプのギターにLes Paul Custom、Les Paul Standardと表記してLes PaulさんとMary Fordさんの写真があります

しかしLes Paulさんはこのギターが気に入らず、1962年にGibson社との契約を解消してしまいました

ありゃりゃ…

SG=Solid Guitarの略というのは有名な話です

しかし、SGという名前は皆さんが思い浮かべる2本ツノのギターを指す言葉ではないんです

1958年にダブルカッタウェイになったLes Paul Special、Les Paul Jr.等

ソリッドマホガニーの1枚板のギターを指す言葉なんです

事実、1960年のカタログには先述の2つのモデルにSGという表記が太字であるんです

Les Paulさんとの契約が解消されたので、2本ツノのギターの名前がなくなったので、そのままカタログに表記していたSGをモデル名にし、そしてそれが広く認知されたという事になるんですね

1963年からのカタログにはSG Custom、SG Standardとバリエーションモデルにもモデル名がSGと表記してあります

1967年に再度Les Paulさんと契約し直して、オリジナルレスポールの再生産がはじまった事で、よりSGというギターの名前が定着していったんでしょうね

ちなみに、Les Paulさん、サンバーストレスポールをGibson社からもらったのはSGシェイプのギターが発売してかららしいです

Les Paulさんのサンバーストレスポールをもった写真が少ないのはこういう事なんですね

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です