Diary

ギタークロスについて

同フロアのライブハウスknave出演前にギターが拭きたいとの事で飛び込むお客様が来店。
そこで拭くやつはどれが言いいの?と質問がありましたんで、チラッと紹介です。

ギタークロス種類も値段も安いものから高いものまで様々です。
安い物は大抵毛が玉になったりで全然綺麗なならない感じ・・・
高価な物にもなると天然皮で玉にもならず、クロスだけでギターの余計なゴミ、
油を綺麗にしてくれる物まで様々。
ヴィンテージ物を磨くのであれば出来るだけ繊維の細かい物で、
研磨剤などを含まない天然ポリッシュでふきふきして下さいね。
まぁそのお客様は鹿皮のクロスをご購入いただいたので、
ポリッシュなしでもかなり綺麗になると思います。
実際にそのままで拭いてめっちゃ奇麗になったと持って来てくれました。
まいどありです。
そのギターに合った物で手入れしてあげる事が大事ですな。
haru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です