Repair

Vol. Potの抵抗値のエトセトラ -実践編-

前回の続編です。

前回のポット交換は過去の事で、その場で写真を収めていなかったんですが、今回は写真付きでお送り致します。

CTS製1MΩAカーブポット

はい、はっきりと1MΩです。

と、あるギターに付いている500kΩを交換します。

はっきりと500kΩです。

まずは半田さんを融かして吸取線で吸い取っていきます。

半田さんが融けにくい場合は新しい半田さんを足してあげると簡単に融けます。

吸取線のおかげで奇麗に除去完了。

そして1MΩ君を装着し半田さんでくっつけていきます。

いざアンプにつないで確認。

パリーンとしていたサウンドがカキーン!!となりました。

ピックアップを変える事を先に考えられる方もおられますが、配線やポット類等も、とお考え頂ければと思います。

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です