Vintage_guitar&bass

Telecaster Custom 1MΩ Pot

迷走台風と言われている台風10号が日本を横断中と今日のニュースで見ました

台風が通過する地域の皆様、お気をつけ下さい。

この10号、LIONROCKという香港にある山の名前が付けられてますね

そんなこんなという訳ではないんですが、今回はロックンロールなギター【Telecaster Custom】のポット交換とその効果をご紹介致します。

以前、在庫していた73年のTelecaster Custom

ピックアップ(ブリッジ)やポット、セレクタースイッチや配線が変わっておりました

TelyCST_250and500_Pot

ご購入頂いたお客様のご希望と当店として音を追求する事でディスカッションし、ポットを1MΩの物に交換する事にしました

オリジナルは1MΩの物が装着してありますが、交換されていたポットは250kΩ(ブリッジ)と500kΩ(ネック)だったので、CTS
1MΩに全て交換

TelyCST_1MOhme_Pot

少し抜けない輪郭のぼやけた音でしたが、ポットを交換する事でバリバリの音抜け、輪郭のくっきりハッキリしたTelecaster独特のジャキっとしたハリのある音色に変わりました

この変化にお客様には大満足頂きました

ピックアップを変える事で音の変化はありますが、決してピックアップだけではありません

今回はポットについてですが、それ以外にも音を良くするアイデアはありますので、音の事でお悩みの方は是非ご相談下さい

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です