Gibson 1953 Les Paul All Gold Conversion

オリジナルLes Paul Model。
コンバージョンでパーツ交換やモディファイにより56年仕様(55〜57年)に。

トラピーズテイルピース期の物はネックの仕込み角度と
ボディトップのアーチが浅い為、テンションの弱いんですが、
ストップテイルピースとチューンOマチックブリッジで角度がつき、
充分なテンションがついております。
電装部はポット1個のみ交換でオリジナル度が非常に高いです。
コンバージョンのモディファイ的には弾く為の最善の改造です。
ネックはリシェイプで薄くなっています。
とはいえ、オールゴールドの貴重品です。
アンプインでは「何でこないに音がええねんっ!!」と怒り狂う程音がええです。
高音の音の抜けが素晴らしく奇麗で、耳に残る後味、鼓膜の震えた振動が
いつまでも浸っていたいと思える音です。
美味しい物を食べた時に口から消えて欲しくないと思うアレと同じです。
同じか?
For Playerの為の素晴らし過ぎるコンバージョンLes Paulです。

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。