Vintage_guitar&bass

Fender 1973 Jazz Bass入荷

当店のWEB、Bassのリストをご覧頂いたらお分かりの様に、
ベース不足の為急遽入荷致しました。
ベースに関してはより高額査定にて買い取らせて頂きます。


まずはサンバーストのJB。
アルダーボディ、赤みが退色、塗装剥がれとクラックと外観は奇麗ではありませんが、
ヴィンテージとしての風格はバッチリです。
べっ甲ピックガードのこの色合いはリイシュー物ではまず出せない独特の色味ですな。
メイプル指板のカラッとした明るいトーンキャラクターと、
アルダー材の中低域の豊かな低音が相まって、
全音域がはっきりと出て倍音も非常に豊かです。
スラップでのアタックの速い立ち上がりの中にも芯のある低音も聞いて取れます。
ネック強度はトラスロッドネジを見てもらえればお分かり頂ける様に、めちゃくちゃ強いです。
ほんの少しだけ順反りにしてあるので、どちらにも回せる余裕がある事が良い条件ですな。
それにしても堅いです。
堅いです。
リフレット済みで相当弾かれたんでしょう。
ヴォリュームポットも近年のCTS製に交換されておりますが、
既にピックアップ、電装部とマッチしております。
弾かれ続けた事で現役バリバリのベースさん、調整済みでそのでそのままライブやRecですぐに使えます。

詳細画像はこちら

続いてはナチュラルカラーのJB。
美しいです。
ブリッジカバー、ピックアップフェンスはリイシューの物が取り付けられていますが、
経年変化でくすんでベース本体とマッチしています。
リフレット済みで9割がた山が残っているので充分弾けます。
この美しい美女を弾き倒して下さい。
アルダーボディに比べアッシュボディの方がスラップに向いてますな。
アタックの出方がアルダー材より速く感じます。
アルダーサンバーストに比べ中低域が少し減って高音域が強調された様に感じます。
この美しい美女を叩いてやって下さい。
ピックアップデイト、ポットデイトも73年です。
オリジナル製が高い1本ですな。
フレットはプレイする意味ではナットと共に1番減りの早い消耗品と思うので、
交換してある事はメリットや思います。
このベースのネックもサンバースト同様めちゃくちゃ強いです。
サンバーストと同じくほんの少しだけ順反りです。
同じくトラスロッドはどちらにも回せる余裕があります。
堅いんです。
若干順反りにする事によって、ど真っすぐのネックに比べ、
弦振動の幅を持たせる事によって倍音がより出ます。
ブラックのブロックとバインディングって個人的に魅かれます。
ボディが黒かったら更に魅かれます。

詳細画像はこちら

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です