Vintage_guitar&bass

Fender 1966 Telecaster Blond/Laminate Maple

今回はFender 1966 Telecaster Blond/Laminate Mapleのご紹介。



これぞテレキャスターと頷けるサウンドがめちゃくちゃたまりません。

芯が太くクリアな抜け、レスポンスが速くニュアンスが嘘偽りなく出まくります。

リフレットの際に塗装をやり直していますがこれはご理解下さい。

59年からローズ指板に変更になった事で、メイプル指板を希望する方にオプションで用意されたのがラミネートメイプル指板 (通称:貼りメイプル) です。

Pre-CBS期には極めて少ないのですが、CBS買収後の、特にテリーにはこの仕様が多く見られます。

電装部のパーツ交換 (ピックアップはオリジナル) があります。

音が良すぎるので大きな問題ではありません。

ピックガードの下に謎の穴埋めがあり、何度も見て検証しましたが分かりません。

まぁ音が良すぎるので問題ではありません。

とにもかくにもネックが凄く硬いんです。

持って頂ければその瞬間に分かって頂けます。

ギターの鳴りの8割はネックで決まるという意見もあり、このギターがその証明になるでしょう。

生音の音が大きくて良い意味で迷惑です。

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です