Repair

桃太郎さん、最近キジを見ないねぇ

GWも終わり日常が戻って来ましたね

本日はピックアップ交換について書かせてもらいます



常連さんからの依頼で持ち込みのピックアップを交換しました

これです、と取り出されたのはThroBak

各メーカー、オリジナルP.A.F.のクローンを目指したモデルが多数あります

Bare Knuckle、Wizz Pickups等、色々試しました

勿論、ThroBakも何年か前に試しております

このメーカーのピックアップは良いです

気になった方は調べてみて下さい

では、作業に入ります

まずはピックアップリード線のハンダを溶かして外します

余談ですが、古いハンダで溶けない物の場合、新しいハンダを溶かして乗せてあげると簡単に溶けます

次にピックアップを外します

箱の中からピックアップを取り出すと4芯のリード線

あ、苦手なヤツや…

4芯は色は同じでもメーカーごとにホットとコールドが違うんですよね…

箱の底を見るとThroBakロゴのポストカードがあり、裏には英語表記の説明書

助かった…

エスカッションから元々のピックアップを外してThroBakを装着

毎度の事ですが、バネのせいでなかなかうまくできません…

バネと戦わずに簡単に取り付ける方法を知ってる人がいたら教えて下さいm_ _m

次に4芯の線を説明書通り写真の様に分けます

使用しない線は熱収縮チューブを被せて火であぶってキュッとします

熱収縮チューブはホームセンターで長さや太さで値段は変わりますが安価で買えます

続いて、リード線をせせこましいトンネルの中に入れてコントロールキャビティへ出します

2本共にスムーズに通り脱出成功

貧乏性のせいか、リード線を切らずにそのまま使ってしまいます…

各リード線をヴォリュームポットに溶接

何度もやってる慣れた作業ですがたまに火傷します…

猿も木から落ちるとはこういう事を言うんでしょうね

犬も歩けば〜ということわざもありますが、意味は違いますすし、キジのことわざは…いっちゃんひどいと思ってるのは私だけでしょうか?

脱線しましたが、下の写真の様に溶接

後はネジで止め、弦を張り直してチューニング〜ピックアップの高さのバランス調整をして以上、終了

新品のピックアップですが、なかなかにP.A.F.を思わせる抜け方が良いです

若干パワーが強い様に感じますが、そこは好みの話ですかね

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です