Diary

工作やプラモデル作りが好きだった人間はだいたいサッとやるけど…

以前からオーダーいただいてるケーブルの作成、今回はスピーカーケーブルです


もう定番中の定番となった通称ウミヘビやイモムシと言われるBelden9497、それとSwitchcraft280と熱収縮チューブ
9497はレビューや個人の方の感想にある通り、癖がないのでアンプとスピーカーの間によけいな味付けをしないストレートな音になりますよね
では、溶接前にせっせと下準備

ホット線、コールド線をハンダで溶接

その後、熱収縮チューブを被せてライターで炙ってキュッと

プラグの穴でケーブルが当たる箇所をもう1枚被せてキュッと


炙りすぎると破れてしまうので要注意
という事であっちゅう間に完成

こういう作業は何度も繰り返せばサッとできますし、昔から物作りはけっこう好きなんですよね
でも、工具や道具がないと面倒くさがってやらないもんですよね〜…
市販品のほぼ半額で作れますので、お考えの方はご相談下さい
nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です