Diary

指板に潤いをあたえましょう

冬が徐々に近づいて来て空気が乾燥します。
肌を気にする様に指板も気にしましょう。
未塗装のローズウッド(特にインディアンローズウッド)指板。
ハカランダさんやマダガスカルさんに比べ杢の持つ油分が少ない為乾燥しやすいです。
上記2つも例外なく保管状況や場所によって多少は乾燥します。
乾燥が進むと割れちゃいます…
では指板に潤いをあげましょう!!

かんなり乾いてるインディアンさんです。




ここでレモンオイルの登場です。


これで潤いを与えましょう。
え!?ほんまに?という位べちゃべちゃにしてあげます。


そのまま放置して数分後、特に乾いてる箇所は見ての通りゴクゴク飲み干します。


もう一度クロス等でオイルをのばします。


この指板はハイフレットが特に飲んでくれるみたいです。


5分後にはこの通り。


1時間程して残ったオイルを奇麗に拭き取ってあげます。


この時指板に手あかの固まり等の汚れがあると簡単に拭き取れます。


テッシュペーパーで残ったオイルを吸い取る様に拭き取ってあげます。


Before / Afterで写真を見比べてみて下さい。
今はまだ濡れた状態ですが、残ったオイルは必要分を残し揮発します。
1日経ち余分なオイルが抜けると艶やかな光沢を見せてくれます。
これで冬(に限らず)の乾燥から指板を守れます。
もう1本、更に乾燥した指板です。


もう乾ききってます。


そこで又レモンオイルの登場!!


お約束通りオイルまみれです。


オイルサーディン状態です。


塗って1分も経たない内に飲み出しました。


先に行った指板と同じく塗ってはのばしてを繰り返し1時間程。
奇麗に拭き取ってあげると潤い実感指板へ。




白く乾ききった箇所も潤いを取り戻しました。


あなたがお持ちのギターやベース等の指板と写真を比較してみて下さい。
乾いているのであれば是非お試しを。
nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です