Repair

伝導率のエトセトラ

師走でみんさん走りまくってます。
滑走路が走りやすくなれば単独独走です。
リード線についてのなにがしです。
先日、あるギターのリード線を交換した時の話です。
 予算は少ないけど音を良くしたいというお悩みのお客さんからの依頼。
ギターの音を聞いて分解してあれやこれや提案し相談。
そのギター(Stratocaster)はビニールに包まれた細いリード線で配線してありました。
その線をロウづけした太い線に総変えです。
まずはピックアップの根元のリード線に半田ごてを当て外し交換。
次にポット、セレクタースイッチ、ジャック周りの配線も全て交換。
全てのリード線を交換し、古い半田さんを全て除去し新しい半田はんで接続して行きます。
半田も交換する事が伝導率が上がります。
作業前に音の確認をしてもらい、全ての作業はお客さんの目の前で行いました。
全ての作業が終わり、いざサウンドチェック。
音の違いは明白、明らかに音が明るく抜ける、音量まで上がりました。
お客さんはあまりにも変わったサウンドに驚いておられました。
シリーズ化して続編も書きます。
nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です