Vintage_guitar&bass

【 Gibson 1981 Flying V Natural 】

■■■この記事はGUITAR TRIBE FUKUOKAのfacebookページに掲載したものを引用してご紹介致します。■■■

今回は1981年製のFlying Vをクローズアップします。

IMG_5388

ご存知の方も多いかと思いますがFlying Vについて軽く触れておきましょう。

オリジナルFlying Vは1958〜1959年に98本のみ製作されました。

当時では奇抜なデザインのルックスだった為か、人気に火がつく事なくわずか2年で終了。

その後、66年から製作が開始され70年まで1st Reissueとして、75年から2nd Reissueとして再発が繰り返されました。

本機は2nd Reissueの流れを汲む80年代の3rd Versionです。

ピックアップマウント用のエスカッションが増設してありますが、何となく違和感がないのは私だけでしょうか?

オールマホガニー材のナチュラルカラー。

しかしネックとボディの材質の種類が異なってるんです。

IMG_5393

IMG_5397

そういえば前に同じギターを扱った事があるのを思い出しました。

ボディはアフリカンマホガニー、ネックはホンジュラスマホガニーという組み合わせ。

明らかにネックとボディの杢目が違います。

このVはそれに極めてそれに似ています。

IMG_5389

IMG_5391

IMG_5392

66〜67年にはマホガニー材が切り替わる時期なのでよくある事ですが、81年にそれがあるのか?

くまなく目を凝らして見れば見る程マホガニーの種類が違います。

続いては音についてですが、ありきたりですみません。

『音が良い』
んです。

商品ページにも書きましたが引用します。

【抜群の音抜け、倍音量の豊かさ、レスポンスの速さ、細かなニュアンスを包み隠さずダイレクトに出音してくれます。】

軽快ながら芯が太い。

軽快ながらマホガニー材の濃厚さがある。

何とも不思議な音色です。

本当に良い音です。

私事ですが恐縮なんですが、個人的にVは大好きなのになぜか1度も手にした事がないんです。

このVは「欲しい」と思えるレベルです。

是非、手に取って音を出してみて下さい。

分かって頂けます。

http://www.guitar-tribe.com/stock_list/solid/160417Gibson81FlyingVNat/1.html

nagase

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です