NEW SLIP!! Telecaster Type Black w/Tremolo Arm Unit

3月に突入しましたね
天気予報を見ていても春一番が吹いたのか?吹くのか?よく分かりません…

本日、ひな祭りにNEW SLIP!!を紹介させてもらいます
SLIP!!史上、初のアーム付きTelyです



初のトレモロユニット装備のテレキャですが、3ピックアップのテレキャも初です
ミックストーンは出せませんが、ミドルピックアップとのハーフトーンはとても不思議なトーンです

カントリミュージックのギタリストでこのピックアップレイアウトのギターを使用する方も少なくないですね

最初に申し上げた通りトレモロユニット搭載なので、ブリッジ、またはネックピックアップの単独のテリーサウンドが揺れます
これも不思議な感覚になります

でわでは、クローズアップしていきましょう

前回のSLIP!! ST同様、ブラックカラーなんで輪郭の分からない写真になりました…
横着ですいません…

ケースから出して再撮影

よし

先述のピックアップとブリッジ部です

SUPER VEE/MAVERICKを装備
MIYAVI氏の所有するテレキャスに搭載してあるユニットと同じです
ミドルピックアップはストラト用の物です
このピックアップがある事で不思議なテリーサウンドが出せます

続いて指板です

マダガスカルさん家のローズウッド君です

ローフレット部

真ん中

ハイフレット部

マダガスカルさんのSLIP!!を紹介させてもらってる時に毎回書いておりますが、最初はこの指板のように赤茶色なんです

弾けば弾く程、弾いた箇所が内部にある豊富な油分が出てきて黒くなっていき、最終的にエボニーのように真っ黒になります

この指板の成長が楽しみですね〜

続いてボディバックです

テレのボディにバックパネル…
違和感を抱くのは私だけでしょか?

アップ

1から制作したパネルなので、弦を通しやすいようにトレモロブロックの所をくり抜いてあります

続いてネックです

板目が中心に来てますが、追い柾寄りの木取りです
一瞬追い柾に見えました

1弦側です

板目から柾目になっていっているのが分かります

6弦側です

こちらには柾目が集まってます
なので追い柾に見えたんです

これも毎回書いてる事ですが、ビルダーの氏はネック作りに細心の注意をはらってます
ギターの鳴りは8割ネックで決まる

このネックはこのギターの2本目のネックだそうです
このネックの前に作っていた物が、制作途中でネックとして良い物ではない事が分かったらしく、それを捨て新しく作り直したのがこのネックです

その話を聞く前に、手に取った時すぐにこれは強いネックやと確信しました
つまり、鳴りの良いギターやという事です

納品時、まずはそのままサウンドチェックしてもらい、その後にお客様の前で倍音調整
倍音が出て来るポジションを探して1弦ずつ調整

全ての弦のセットアップが終わって弾いてもらうと、「さっきと全然違う!!」と驚かれてました

産まれたてのギターやのにとにかく鳴りまくってます
これからの成長が非常に楽しみです

SLIP!! official siteはこちら
PCビュー
タブレット、スマホビュー

nagase