TUSQ材サドル

今回はブリッジサドル交換について書いてみます

先々月に旅立ったTaylor 814CEのサドル交換です

元々低く設定されてました
今年の猛暑でネックが順反った事もあり、カポをつけるとハイフレットの弦間が狭まりバチバチ当たります

サドル丸ごと交換する事になりました

牛骨を形成していくとなると時間がかかるので、形成された物を調整して取り付ける事に
テイラー用サイズで調べるとTUSQ材の物を発見

TUSQて何?
MAN MADE IVORY、人工象牙

どんな音になるのか?
加工具合はどうなんやろ?

高さが10mmなんで7mm位まで下げるいざ作業開始
サンドペーパーで削っていくんですが、とにかく硬く削れにくい…

サンドペーパー120番を贅沢使いしてただひたすら、心を無にして削ります

削れにくく手と指がつる…
もう筋トレですよ…

ある程度目標に近づいたんで一旦はめてみる事に
はい、案の定入りません

今度は外周を少し薄く削ります…
何とか収まったんで続いて弦を張って12フレットの弦間を確認し、カポを付けてチェック

症状は全て解消できたんで以上終了

少し粉っぽさが残ってるんで弦を交換する際にクリーニングしときましょ

TUSQ材の音は高域が奇麗な響きで音の輪郭がしっかりとしてます
ボトムがしっかりと支えられた感じが増し、強いストロークでもブレません
錆びて劣化した弦ですがなかなか奇麗に鳴ってくれます
謳い文句通り良い材質です

nagase